3DS版ドラゴンクエスト11特徴まとめ!発売まであと3日!

こんにちは。

7月29日に、ドラゴンクエストⅪが発売されますね。

PS4版、3DS版どちらを購入するか決めましたか?

今回は、3DS版の特徴をまとめました。

SFC風ドット絵で表示され、昔懐かしいドラクエを楽しめるのです!

時渡りの迷宮では、歴代ドラクエの世界へ入ったりもできますよ!

では、行きましょう!

 

3Dモードと2Dモードを切り替えられる

3DS版では、1つのソフトで3Dモード2Dモードを切り替えてプレイできるのです。

3Dモードでは、立体的に描かれたキャラクターたちがいきいきと躍動。

2Dモードでは、懐かしのドット絵で遊べるのです。

 

3Dモード「シンボルエンカウント」

3Dモードではフィールドにいるモンスターがアニメーションで描かれ、主人公と触れると戦闘開始する「シンボルエンカウント」で楽しめるのです。

モンスターの日常や生態を垣間見れるのが特徴ですね。

体力が無いときなど戦いたくない場合は、モンスターを避けて先を急いだり、状況に応じてプレイできます。

 

2Dモード「ランダムエンカウント」

2Dモードでは、プレイヤーを上から見下ろした視点で見れるので、フィールドを幅広く見渡せるのです。

どこに宝箱や町があるか分かりやすいですね。

モンスターの姿は見えず歩いていると突然、戦闘に突入する「ランダムエンカウント」を採用。

初期のドラゴンクエストと同じシステムで、昔の雰囲気を味わえます。

どちらも魅力的ですねー!

 

教会とキャンプで切り替え可能

教会では、3Dモードと2Dモードの切り替えが可能です。

ドラクエ11では、フィールドに点在するキャンプ地点でセーブができる新システムを搭載。

ここでも3Dと2Dを切り替えられるのです。

教会と同じメニューがあるので、のろいをといたり、いきかえらせたり、町に戻らずできるのが便利ですね。

 

時渡りの迷宮で歴代ドラクエの世界へ

プレイヤーは冒険の途中でヨッチ族と出会い、ピンチを救ってほしいと頼まれます。

ピンチを救うカギは「時渡りの迷宮

最大8人のヨッチ族でパーティを組んで、ダンジョンへ送り出してあげます。

奥に潜む扉の番人を倒すと、「冒険の書の合言葉」を入手できるのです。

ヨッチ族の長老に渡すと、過去のドラクエの世界へワープ!

見た目も変化し、昔のドラクエそのままですね。

ドラクエ1~10の世界へ行くことができ、歴代ドラクエファンも楽しめる内容となっていますね。

時渡りの迷宮は、3DS版だけに搭載されているシステムなので、購入する際の基準にしてみてください。

ドラクエ6が好きなので、個人的には大きな魅力ですねー!

 

まとめ

以上、3DS版ドラクエ11の特徴まとめでした。

PS4版のキレイなグラフィックも魅力ですが、3DSのドット絵も捨てがたいですね。

両方遊べたらいいなー。

ダウンロード版を購入すると、7月29日0:00分から遊べるので、誰よりも早くプレイしたい方におすすめですね。

ああ、発売日が待ち遠しいっ!

では、今回はここまでです。

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスが権利を所有する著作物を利用しております。当該著作物の転載・配布は禁止いたします。
(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.