3DS版ドラゴンクエスト11特徴まとめ!発売まであと3日!

こんにちは。

7月29日に、ドラゴンクエストⅪが発売されますね。

PS4版、3DS版どちらを購入するか決めましたか?

今回は、3DS版の特徴をまとめました。

SFC風ドット絵で表示され、昔懐かしいドラクエを楽しめるのです!

時渡りの迷宮では、歴代ドラクエの世界へ入ったりもできますよ!

では、行きましょう!

 

3Dモードと2Dモードを切り替えられる

3DS版では、1つのソフトで3Dモード2Dモードを切り替えてプレイできるのです。

3Dモードでは、立体的に描かれたキャラクターたちがいきいきと躍動。

2Dモードでは、懐かしのドット絵で遊べるのです。

 

3Dモード「シンボルエンカウント」

3Dモードではフィールドにいるモンスターがアニメーションで描かれ、主人公と触れると戦闘開始する「シンボルエンカウント」で楽しめるのです。

モンスターの日常や生態を垣間見れるのが特徴ですね。

体力が無いときなど戦いたくない場合は、モンスターを避けて先を急いだり、状況に応じてプレイできます。

 

2Dモード「ランダムエンカウント」

2Dモードでは、プレイヤーを上から見下ろした視点で見れるので、フィールドを幅広く見渡せるのです。

どこに宝箱や町があるか分かりやすいですね。

モンスターの姿は見えず歩いていると突然、戦闘に突入する「ランダムエンカウント」を採用。

初期のドラゴンクエストと同じシステムで、昔の雰囲気を味わえます。

どちらも魅力的ですねー!

 

教会とキャンプで切り替え可能

教会では、3Dモードと2Dモードの切り替えが可能です。

ドラクエ11では、フィールドに点在するキャンプ地点でセーブができる新システムを搭載。

ここでも3Dと2Dを切り替えられるのです。

教会と同じメニューがあるので、のろいをといたり、いきかえらせたり、町に戻らずできるのが便利ですね。

 

時渡りの迷宮で歴代ドラクエの世界へ