ニンテンドースイッチはコンパクトで画質がキレイ!3つのモードで遊べます!

こんにちは!

遂に買いました、ニンテンドースイッチ。

ずっと欲しかったんですが、品薄でなかなか買えなかったんですよね。

Amazonで在庫復活した時に、運良く購入できました。

遊んでみた感想は

コンパクトで画質がキレイ!
 

ニンテンドースイッチ開封

まずは、ニンテンドースイッチ付属品から。

・ニンテンドースイッチ本体
・Joy-Con ネオンブルー
・Joy-Con ネオンレッド
・ニンテンドースイッチ ドック
・Joy-Conグリップ
・ACアダプター
・Joy-Conストラップ
・HDMIケーブル

HDMIケーブルが付属しているので、テレビがあれば、すぐにつなげられますよ。

テレビが無くても携帯モード、スタンドモードで遊べます。

 

本体がコンパクト

本体にJoy-Conを取り付けたときのサイズは約

横24cm×縦10cm×厚さ1.4cm

タブレットと同じくらいのサイズですね。

 

ドックのサイズは約

横17cm×縦10cm×厚さ5cm

横と縦のサイズはコミックス1冊より小さいです。

コンパクトなので置き場所に困らないですね。

次は3つのプレイモードを見ていきましょう!

 

3つのプレイモード

ニンテンドースイッチは3つのプレイモードで遊べます。

  • TVモード
  • テーブルモード
  • 携帯モード

1つ1つ見ていきましょう!

 

TVモード

スイッチをテレビに繋いで、遊ぶモード。

ドックの裏蓋を開け、一番上にACアダプターを、一番下にHDMIケーブルをつなぎます。

左側の穴からケーブルを出し、裏蓋を閉めましょう。

ACアダプターをコンセントに、HDMIケーブルをテレビにそれぞれつなぎます。

スイッチ本体からJoy-Conを外して、ゆっくりとドックに差し込みましょう。

Joy-Conを外すときは、裏の黒ボタンを押しながら、上にスライドします。

無理矢理外さないようにご注意を。

Joy-Conはグリップに装着すると持ちやすくなりますね。

無線で接続されるので、ケーブルは必要ありません。

テレビに繋いだときの画質は、最大1920×1080ピクセル60fpsです。

大きな画面で、美麗グラフィックを堪能しましょう!

 

テーブルモード

Joy-Conを外し、スイッチ本体裏にあるスタンドを開くと、自立します。

ちなみに、スタンド裏にはMicroSDカードをセットできます。

本体の画質は、1280×720ピクセルです。

タッチスクリーンなので、画面をタッチして操作もできますよ。

バッテリー持続時間は約2.5~6.5時間です。

遊ぶソフトによって、持続時間が変わるようです。

どこでも遊べるので、スキマ時間にも良いですね。

 

携帯モード

スイッチ本体にJoy-Conを取り付けて、遊ぶモード。

持ち運びが出来るので、外でもプレイできますね。

昼はTVモードで、寝るときは携帯モードにして布団の中で遊ぶなんて使い方もはかどりそうです。

ただし、ちょっと重いので長時間プレイするには、向いていないですね。

疲れてきたら、スタンドモードにして遊ぶのも良いですね。

 

Joy-Con充電方法

ACアダプターを接続したドックに、本体をセットし、Joy-Conを取り付けると充電されます。

Joy-Conのみでは、充電できません。

充電する場合は、毎回本体に取り付けなければいけません。

Joy-Conのバッテリーが切れたら、充電が終わるまで使えないので、ちょっと不便ですね。

取り付けて遊ぶ携帯モードだと、充電しながら遊べます。

TVモードで充電しながらプレイするには、別売りの「Joy-Con充電グリップ」が必要です。

USBケーブルでつなぎ、充電しながらプレイできますよ。

 

Joy-Conのバッテリーは約20時間持ちます

フル充電した状態で、バッテリーは約20時間持ちます。

1日3時間遊んでも、1週間は持つ計算になりますね。

これだけ持てば、充電する機会も減りそうです。

ちなみに、「Nintendo Switch Proコントローラー」だと、約40時間持つみたいです。

 

まとめ

ニンテンドースイッチを購入して満足です。

コンパクトで置き場所に困りませんし、画質もキレイです。

コントローラーを外して使う発想も面白いですね。

ドラクエ11のスイッチ版も発売予定なので、これから盛り上がっていくのではないでしょうか。

では、今回はここまでです。

最後までお読み頂きありがとうございました。